Aterm MR04LN RBのスロット2に、So-netの0SIMを入れようとしたらブカブカだった

公開日: : デジモノ ,

せっかくだから俺はこのスロット2も使うぜ!

0sim
先日、モバイルWi-Fiを導入したところにちょうどいいネタが飛び込んできた。
Aterm MR04LN RBと楽天モバイル | xbeeing – road to Lamborghini – (ランボルギーニへの道) :

なんでも、無料で使えるSIMだとか。。。

0 SIM | So-net モバイルサービス :

月に500MBを超えると自動的に課金で、クレジットカード登録が事前に必要なので、やや躊躇するが、あくまで緊急時のためと思い、申し込んでみた。

申し込みから忘れた頃(2週間後)に到着

0sim1
なんだかでっかい入れ物で到着

0sim2
これまでのどのMVNOのSIMよりもすっきりシンプルなデザイン。

さて、特段深く考えず先日導入したモバイルWi-FiへGO!

0sim_1

・・・・・

microSIMとnanoSIM、間違ってた・・・orz

ま、まあ、iPhoneとかでも使うかもしれないので、これはこれで。。。と、モバイルWi-Fiの注意書きを見ると「SIMアダプターは使わないでください」と書いてあるが、そこは気にせずドンマイ。手元に余っていたアダプターでなんとか乗り切る(最初、うまく刺さらなかったが何度かやっていたら刺さった)

APNの設定をしていざSIM切り替え

0sim_2
ほとんどはまらず、特に説明書など読まずにAPNの設定を追加し、SIMを切り替える。

0sim_3
SIMの切替時にAPNをいちいち選択し直さないといけないのはややダルいか。。SIMを切り替えたらそのSIM固有のAPNをデフォルトで選んでくれたらよいと思うのだが。

0sim_4
先日も使ったRBB TODAY SPEED TESTで計測してみると、こんな感じ。

0sim_5
普段使いのOCN モバイル(LTE・3G | データ通信) はこんな感じ。これと比べるとちょっとダウンロードが遅い感じだけど、あくまで0円運用で、緊急時のためのSIMということで、動作確認まで。

万が一切り替えをミスって使ってしまったとしても、月額1600円とかでキャップがかかっているので、すわっ、1万越えてた、パケ死!みたいなこともないので、やはり良い時代になったな、と思うのであった。

満足度:★★★★☆

a

関連記事

世界一小さいAndroid端末 POSH Micro X S240b は、果たして実用に耐えうるのか?

結論から言うと 完全にテザリング端末として超割り切って使用する分にはなんとか使える。

記事を読む

Nexus6をヤフオクで落札したらOSが期待していたのと違ったのでダウングレードしたら大ハマリした

会社でのアプリの検証用ということで、Lolipop(Android5系)の端末が必要に 久々に

記事を読む

新幹線に娘が乗ったことがなかったので、静岡の田宮ホビースクウェアまでロボットを作りに行ってみた。

プラモといえば田宮。田宮といえば静岡 たまたまB社時代の同僚のFacebookタイムラインから

記事を読む

12年ぶりにハワイ(オアフ)へ行ったら、モバイルWi-Fiもスマホも日本同様に使えて快適だった

モバイルWi-Fiの事前申し込み手続き 初めて家族で海外旅行(飛行機に乗るのは2回目)というこ

記事を読む

Windows10でGenymotionで音がでなくなったので諦めてBlueStacksに乗り換えたが、やや今ひとつだったら、NOXが最高だった

ただただ、Androidアプリの画面を動画で録画したくて 仕事で扱っているのはいわゆるスマホネ

記事を読む

とうとう小3の娘がケータイデビュー「au mamorino3」1ヶ月使ってみて届いた請求書

禁断のキッズケータイ 小学校3年の娘も、友だちと遊びにでかけたり、学校から帰ってきても妻がまだ

記事を読む

気づいたら予算を大きくオーバーしているPanasonicのヘアドライヤー「EH-NA28」を買うことになったが量販店よりもネットで3000円以上安く買って結果満足した話

ドライヤーの寿命ってどれくらいなんですかね 確か、まだ買ってから3年くらいかなと思ってAmaz

記事を読む

Aterm MR04LN RBと楽天モバイル

新年から突然営業を担当することに・・・ いわゆる外回り的な。PCでデモとかするということで、こ

記事を読む

F.G.S 7-8インチ汎用 Bluetoothキーボード タッチパッド式 マルチOS対応(Android/Windows対応)

持ち運びやすさと打ちやすさと安さを両立 新年から突然の配置換えで、スマホアプリディレクターから

記事を読む

X68000に内蔵していたコンパクトフラッシュを1GB⇒2GBにした

すっかり忘れていたゼロスピンドルの有り難み 色々と、物置を断捨離しようと。 老後の楽しみ

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a