XBee Station Vol.31「女神転生」デジタルデビルものがたり(ストーリー)なんでやねん

公開日: : Podcast , ,

DS版でDQ9が出た頃らしい。大晦日まで収録していたとは(苦笑)

DARIUS30周年・・・だ・・・と

さて、今回のニュースはこちら
『ダライアス』30周年記念商品の発売が決定!初代のPS4版ディスクソフトが同梱 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト :

ダライアスからもう30年かい。。。。そりゃ自分も年を取るわけだ。そしてPS4版のDARIUS1がつくらしいけど、PS3までしか持ってないよ。でもポチったけどね!
曲はやっぱりDARIUSIIが一番好きかなあ。普通にORGA BREEZEが。外伝も好きだけどね。

こういうのは応援しないとねえ。R-TYPEとかOUTRUNとか、FANTASY ZONEとか、こういうセットもので買うことが多くなってきたなあ。。GM貧乏w

画面を3つ繋いだゲームとか普通に今だったら、置き場所が無いだの、消費電力がかさむだの、色々言われてボツになりそう。
こういう無茶なものがあった時代が、やっぱり楽しかったよね。そういうのが30年たっても賞賛されるのではないかと。

濃い設定が後々まで多く続編が出た珠玉の一本

さて、今回は女神転生。名作なのであまりボケどころがないのだけど、最初、ケルベロスを仲魔にしたときは胸熱だったなあ、、、コンゴトモヨロシク・・・

3Dダンジョンが苦手だったので普通にマッピングしたっけな。あとはお決まりの攻略本。どれとどれを合成すると、何に成るかとか(殆どがドリアードで凹んだ)

ドラクエII同様にSRAMにセーブできないパスワード方式は今の人にはつらすぎるだろうけどね。

megamitensei

メガテンで好きな曲というと超地味だけどレベルアップしたときの曲。ただのループ曲なのにこの飽きのこない作り。
他の曲もリピートして聞かされることになるが、ずっと聞いていられるのがすごいなあ、と思う。

たまたま先日、ヤフオクでサントラをGET。いや、いいですね、いいですよ。


1991年発売。2枚組で、貴重なアレンジ版とかも入ってるし。こいつは今さらながら買いの1枚です。

もうすぐミニクラシックファミコン到着。楽しみ!

a

関連記事

XBee Station Vol.30「アストロロボササ」弾を打った反動で姿勢制御するというリアルすぎる宇宙空間ゲームだったが

この時一番はまってたゲームはテトリスDSらしい いつまでやってたんだか(苦笑)なんか、当時は週

記事を読む

XBee Station Vol.36「もえろツインビー」3機いるのにツインビー。そして時代は萌えろツインビーへ。

シナモンはいまでも苦手です ツインビーシリーズは、公園で「bee!」とまではいかないものの、結

記事を読む

XBee Station Vol.23「ハイドライド3」といえばPC8801mkIISR以降版でしょ(以降がミソ)

ファンタシースターユニバースの話してますね。このあと、ファンタシースターポータブルをPSPでやったっ

記事を読む

XBee Station Vol.32「ファミリーサーキット」なんでもファミリーだった時代でしたね。

クルマゲーで一番思い入れ深いのはなんだかんだでOUTRUNか、王道グランツーリスモかねえ アウ

記事を読む

XBee Station Vol.5「ゲームミュージックを演奏する音源の話」

今回は音源のお話でした。 今みたいに、フルPCM音源が当たり前だったり、CD-DA再生

記事を読む

XBee Station Vol.1

先日いったファルコム系ライブ「オッサリアン」で仕入れたドラスレポッドキャスト「竜殺しラジオ」に触発さ

記事を読む

XBee Station Vol.20「ゾンビハンター」アイスの景品のソフトって斬新すぎた

最近は、Androidエミュで、朝の田園都市線の満員電車の中で、小さい画面でロマンシングサガ1をがん

記事を読む

XBee Station Vol.2「そもそもゲームミュージックってなんですか?」

GMが黒子だとするとゲームミュージック単体で聞くのは、ナンセンスということにもなるのですが、これはこ

記事を読む

XBee Station Vol.14「FC版 ゼビウス」タイトル画面が焼き付いて、ゼビウスのお化けっていわれてました

すっかり更新をさぼってました。ダイヤモンドわいこば、というあだ名をつけられそうな、えくしびです。

記事を読む

XBee Station Vol.29「スーパーゼビウス ガンプの謎」誰もが夢見たバキュラ壊しができる一品

なにが謎なのかが、一番の謎 最近また、パズドラ熱が再燃しています。覚醒劉備とベルダンディーの緑

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a