Podcastマイブーム再燃 ~とある番組との出会い~

公開日: : 最終更新日:2015/11/28 Podcast , , ,

DSR40

先日参加したファルコムインディーズライブイベント「オッサリアン」

1990年くらいまでのファルコムゲームミュージックのイベントで知人が演奏してるということでテンションMAX。
古代祐三さんからのビデオレターやザナドゥ作曲者の高橋さんがゲストだったり、スゴイ内容だった。。

そこでたまたま遭遇した「竜殺しラジオ」なるポッドキャスト。元々はドラゴンスレイヤーラボなる、由緒正しいホームページの主催者が放送する番組という。
このサイトの歴史もすごいが(アクセスカウンターとか、キリ番とか懐かしい・・・うちも1998年からHPやってるからなあ。。)このポッドキャストが、初めて放送したというのにクオリティがすごくてびっくり。

特徴としては、30代男性2名のかけあいDJで、ファルコム音楽フリー宣言をしていることでBGMに利用していて、気にいってる曲がかかったりすると思わずニンマリ。

そして、ゲーム情報を話すだけでなく、毎回、色々な趣向を凝らしており飽きさせない構成。
ツイッターやサイトからのお便りに答えるコーナー。
回を追うごとに上がる音質と演出。。

あっという間に全て聞き終えてしまいました。1回も20~30分と聴きやすい単位であるのもポイント。

そのおかげ(?)で、これまでやったことがなかったが「ロードモナーク」や「ドラスレ4」「風の伝説ザナドゥ」をプレイしたくなった。番組制作者の狙いどおりである。

また、ファルコム作品以外にも「ナイトストライカー」や「ストリートファイター」「トランスフォーマー コンボイの謎」「バーチャロン」など往年の名作をネタにした話もちょいちょいツボり、おっさんゲーマーにはたまりません。

iPodtouchやiphoneはもっているけど、Podcast機能は使ったことがない人は結構いると思いますが、ぜひ、興味を持ったら無料ですので聞いてみてください。

この話数で完成されてるラジオなので、続編は作られないようなのですが、ぜひ、外伝でもよいのでたまに放送してもらえたらなあ、と思います。

PS DJのおぷさぽーさんの話で、グラディウスでパワーアップするときに「おぷさぽー」と聞こえるのがあるの下りがありましたが、あれは、「オプション」といってるのではなく、「もうさぽー(multiple)」と多分沙羅曼蛇で言ってるので、多くのグラディウスファンは本当にどうでもいいのですが(笑)思い違いをいてる可能性が高いですw かくいう私も子供だった当時、聞き間違えていました。ルパン・ザ・サードを、ルパンルパーンと聞き違える、あれ。

salamander
沙羅曼蛇(wikipedia)

マルチプル (MULTIPLE)
自機と同じ武装を持ち、自機を追うように動く無敵の発光体。自機の攻撃と同じ攻撃をする。最大4つまで装備可能。グラディウスシリーズでいうところの「オプション」。マルチプルという名称の初出は本作ではなくグラディウスの海外版『ネメシス』である。

自分もお気に入りファルコムBGMを使った番組を配信しようとおもいます!(まずは2006年ころに作ったのを肩慣らしに配信してから、、、)

PS2 いただいたドラスレ30周年しおり 活用してます!

PS3 死ぬでないぞ

a

関連記事

XBee Station Vol.37「風雲たけし城」任天堂のSwitchがやりたいニョ

4月になってもなんだか寒い日が続いてます そういえば、任天堂Switchがでましたねえ。Wii

記事を読む

XBee Station Vol.12「FC版 スペランカー」これぞ、リアルな人間の強さだ

はじめて「クソゲー」という言葉を覚えたのは、「スペランカー」か「バンゲリングベイ」か。。「チ

記事を読む

XBee Station Vol.21「ドラゴンクエストIII」なぜ、リセットボタンを押しながら電源を切らないといけなかったのか

新年一発目のPodcast掘り起こし。 そういえば、抱き合わせ販売とか、予約に並んでいたら強奪

記事を読む

XBee Station Vol.4「ゲームミュージックが流れる食玩を買った話」

コンビニでたまたま目について買った食玩のおはなし <参考>ナムコ ドットグラフ NAMCOド

記事を読む

XBee Station Vol.32「ファミリーサーキット」なんでもファミリーだった時代でしたね。

クルマゲーで一番思い入れ深いのはなんだかんだでOUTRUNか、王道グランツーリスモかねえ アウ

記事を読む

XBee Station Vol.36「もえろツインビー」3機いるのにツインビー。そして時代は萌えろツインビーへ。

シナモンはいまでも苦手です ツインビーシリーズは、公園で「bee!」とまではいかないものの、結

記事を読む

XBee Station Vol.18「高橋名人の冒険島」なんか、キャラには弱点がつきものでしたよね

一番気になることは、今でもナスが嫌いなのか?(そもそも嫌いだったのか)です。 ドラえも

記事を読む

XBee Station Vol.20「ゾンビハンター」アイスの景品のソフトって斬新すぎた

最近は、Androidエミュで、朝の田園都市線の満員電車の中で、小さい画面でロマンシングサガ1をがん

記事を読む

XBee Station Vol.17「マインドシーカー」毒電波系ゲームというかnamcoどうした

ナムコどうした!?の一本。 なんでもありの時代でしたねえ。。。 ソフトのウリ文句

記事を読む

XBee Station Vol.3「初めて買ったゲームミュージックのCD、なんですか?」

というわけで、第3回目。 初めて買ったCDはこちらの「ミュージックフロムソーサリアン」1988

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a