STORYS.JPの中の人(その2)清瀬さんと渋谷で熱く議論したらいつの間にか閉店だった

公開日: : 最終更新日:2016/10/16 出版/書評 , ,

出版と直接関係があるわけではないのだが、今後のSTORYS.JPの方向性や戦略をヒアリングに仕事が終わったあと同僚と渋谷へ向かった。

STORYSJP中の人

そこでお会いさせていただいたのが清瀬史さん(写真右) まだ24歳とのこと!(しっかりていて、びっくりー)

STORYS.JPチームに学ぶ、スタートアップを加速させる、強いチームのつくりかた。│CAREER HACK :

STORYS.JPといえば、先日も「UNITE」なる、新しいサービスのリリース予告もあったのだが、個人的にはSTORYS.JPが好きなので、もう少し踏ん張ってキャズムを超えるまで頑張って欲しいのが本音。

【告知】STORYS.JPが仕掛ける新サービス「UNITE」 (STORYS.JP) – Yahoo!ニュース :

また、STORYS.JPでは、普通にサラリーマンをしながらCMOをやってる方もいらしたりするので

「就職、ほんとうに残念です」 会社に入るなんてマジでつまらない! イケダハヤト×小川未来【前編】  | 小川未来『就活事変』 | 現代ビジネス [講談社] :

こういう記事をみるとまた、色々考えさせられるなあ、と。
思い返せば、自分なんか30歳でライブドアに入る前には、何も考えずにフリーターなる道に飛び込んだりした、そんな過去を思うと今の人は色々情報がありすぎて、色々考えすぎてしまえる時代なのかなあ、とも。自ら見えてしまってるような気がする未来で、アクションが狭まっているというか。。。

mirai
#好きなミスチルの歌「未来」を思いうかべる

ちなみに打ち合わせしたのは「チェルシーカフェ」なる、なんだか女子力の高そうなお店で、頼んだのは「シェカラート」なるエスプレッソベースのアイスドリンク。男3人でドリンク一杯で3時間半も粘ってそりゃもうむさ苦しかった(苦笑)

夏に出版する自分の本では、やはりどんな表紙にするか、が1つ鍵だよな、という話になり、次回はアルコールもいれつつ、本屋でのリアルマーケティングに繰りだそうということになった。とても楽しみである。

ChelseaCafe

a

関連記事

本とネットの新しい出会い「ホンシェルジュ」~秋の夜長にはコレ!~

Kindleはじめ、どんどん電子書籍化が進むかとおもいきや、まだまだ強いリアルな紙の本。 そん

記事を読む

「社長逮捕本」山梨県立図書館にも置いてもらえることになりました!

先日の甲府市立図書館につづいて・・・・ 山梨県立図書館にもおいてもらいました!!

記事を読む

山梨県甲府市立図書館に「社長が逮捕本」おいていただきました

私の地元、山梨県の市立図書館で借りられるように妹が申請してくれたとのこと。 なんか、ラ

記事を読む

ひたすら原稿を執筆なう

徐々に校了日が1ヶ月後に迫るという中、せっせと原稿を執筆し、Wordで50ページくらいは書けた。これ

記事を読む

storys.jp x benesse

STORYS.JPとの出会い

元々社内で持ち込まれた、とある1サイトとのコラボ案件がきっかけで、STORYS.JPというサ

記事を読む

書籍からパズドラへ誘導するという、きっと誰もやったことがないテスト成功(笑)

今回の書籍の中で、1つ実験したことがあった。 書籍を読まれた方はご存知と思うが、それは自分のパ

記事を読む

誰しも、本当は出版に対する憧れを持っている

「Publish」=〈書籍・雑誌などを〉出版する,発行する.〈…を〉発表する,公表する. 出版

記事を読む

中高生を応援するドラマバンクという活動

ドラマバンク[/caption] 会社の同僚が仕事外で活動していたのを知り、応援したくてそこ

記事を読む

HONZ

生まれて初めての献本作業

編集担当より、20冊くらいは献本できるということで、これ!という方を選ばせて送らせていただく

記事を読む

はるかぜちゃんの新刊に馳せる想い

アンチが芸能界1多い?と言われるはるかぜちゃんの新刊「少女と傷とあったかミルク」を買ってみた

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a