ひたすら原稿を執筆なう

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 出版/書評 , ,

徐々に校了日が1ヶ月後に迫るという中、せっせと原稿を執筆し、Wordで50ページくらいは書けた。これを100ページまでもっていくのはちょっと厳しいなあ。

そんな中、定期的に各書店もチェック

2014-05-08 ビリギャル50万部?

ビリギャル、発売から半年たつのにまだ売れてというモンスターだわ。

原稿を書いている時に1冊の出版を知る

カネに執着するお前の生き方を変えてやる!

なんとホリエモンとオタキングこと、岡田さんの対談が本になったという。面白くてあっという間に読んでしまった。

岡田斗司夫さんといえば、ふしぎの海のナディアが湾岸戦争をやっていた1991年からウォッチしていて、大学時代も実は注目していた。

ぼくたちの洗脳社会

大学時代に読んだ本はこちら。今ではなんと無料で読めるという。

15年後(19年後?)の今を予測した内容になっていて、当時もえらく衝撃を受けたことを思い出す。怪しげなタイトルだが、ぜひだまされたと思って読んでみて欲しい。

そしてなんとこの評価経済社会の流れとライブドア事件(というか、ホリエモンxライブドア)とが、見方によってはつながっていたという衝撃の事実に打ち震えた。

うまくそのあたりを、本の中で伝えることができればいいのだが、ちょっとまだまだパラダイムシフトしきれていない社会においてはちょっとむずかしいかな、という気はするのだが、1人でも多くの人にそれを伝えられたらいいな、と思う。

a

関連記事

とうとうAmazonで1円で自分の本が売られていたので、買ってみるテスト

届いた本は帯がなかったりもしたが、書き込みなど無く十分綺麗だった(笑) 買ったら、139円

記事を読む

「大企業からベンチャーまで、全て正社員で8回転職して「今」わかったこと」が話題のストーリーに掲載

話題のストーリーに掲載されるとやっぱり一気にアクセス増えるなあ。 「大企業からベンチャ

記事を読む

尊敬する上司からの後押しメール

出版にあたり、やはりそこは1人の普通なサラリーマン。しかも、今務めている会社へプラスになるといえば、

記事を読む

はるかぜちゃんの新刊に馳せる想い

アンチが芸能界1多い?と言われるはるかぜちゃんの新刊「少女と傷とあったかミルク」を買ってみた

記事を読む

WORK SHIFT と 自分の本

会社の同僚で、彼こそグローバル人材と思えるU氏からいただいた一冊。 彼は、自腹で30万

記事を読む

Becky

STORYS.JPから出版のオファーの相談メール

ライブドアネタのストーリーを10話ほど書いて、満足していた自分は、そもそものきっかけであった「進研ゼ

記事を読む

山梨県甲府市立図書館に「社長が逮捕本」おいていただきました

私の地元、山梨県の市立図書館で借りられるように妹が申請してくれたとのこと。 なんか、ラ

記事を読む

デジタルメディアプロデューサーになったらしい

出版するとこういうチャンスもある 「結果を出す人」は、エクセルをどう乗りこなしているのか? (

記事を読む

ライブドアOBと下高井戸で打ち合わせ そしていよいよ執筆スケジュール確定

会社から下高井戸の隠れ家的なバーへ直行。(奇しくもこの日は41回めの誕生日。いつものようにサ

記事を読む

編集者との打ち合わせ@渋谷 #2

正式に出版に向けて動き出すことになったので、契約条件について打ち合わせをしに渋谷へ。 編集者と

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a