ひたすら原稿を執筆なう

公開日: : 最終更新日:2015/01/25 出版/書評 , ,

徐々に校了日が1ヶ月後に迫るという中、せっせと原稿を執筆し、Wordで50ページくらいは書けた。これを100ページまでもっていくのはちょっと厳しいなあ。

そんな中、定期的に各書店もチェック

2014-05-08 ビリギャル50万部?

ビリギャル、発売から半年たつのにまだ売れてというモンスターだわ。

原稿を書いている時に1冊の出版を知る

カネに執着するお前の生き方を変えてやる!

なんとホリエモンとオタキングこと、岡田さんの対談が本になったという。面白くてあっという間に読んでしまった。

岡田斗司夫さんといえば、ふしぎの海のナディアが湾岸戦争をやっていた1991年からウォッチしていて、大学時代も実は注目していた。

ぼくたちの洗脳社会

大学時代に読んだ本はこちら。今ではなんと無料で読めるという。

15年後(19年後?)の今を予測した内容になっていて、当時もえらく衝撃を受けたことを思い出す。怪しげなタイトルだが、ぜひだまされたと思って読んでみて欲しい。

そしてなんとこの評価経済社会の流れとライブドア事件(というか、ホリエモンxライブドア)とが、見方によってはつながっていたという衝撃の事実に打ち震えた。

うまくそのあたりを、本の中で伝えることができればいいのだが、ちょっとまだまだパラダイムシフトしきれていない社会においてはちょっとむずかしいかな、という気はするのだが、1人でも多くの人にそれを伝えられたらいいな、と思う。

a

関連記事

本の要約サイト「flier(フライヤー)」に掲載いただきました

flierとは、元アクセンチュアの大賀さんが立ち上げたベンチャー「株式会社フライヤー」による

記事を読む

尊敬する上司からの後押しメール

出版にあたり、やはりそこは1人の普通なサラリーマン。しかも、今務めている会社へプラスになるといえば、

記事を読む

STORYS.JPの中の人(その2)清瀬さんと渋谷で熱く議論したらいつの間にか閉店だった

出版と直接関係があるわけではないのだが、今後のSTORYS.JPの方向性や戦略をヒアリングに仕事が終

記事を読む

山梨県甲府市立図書館に「社長が逮捕本」おいていただきました

私の地元、山梨県の市立図書館で借りられるように妹が申請してくれたとのこと。 なんか、ラ

記事を読む

STORYS.JPがきっかけで育つアイドルがいてもいいじゃないか

■このモデルの子のブログ 恋の軌跡とビリギャル。|【Ren Ishikawa】 :

記事を読む

デジタルメディアプロデューサーになったらしい

出版するとこういうチャンスもある 「結果を出す人」は、エクセルをどう乗りこなしているのか? (

記事を読む

堀江さんから書評をいただくの巻

献本をしたエントリを先日書いたのだが、なんと堀江さんからの書評が一番ノリ! 驚きー。

記事を読む

誰しも、本当は出版に対する憧れを持っている

「Publish」=〈書籍・雑誌などを〉出版する,発行する.〈…を〉発表する,公表する. 出版

記事を読む

HONZ

生まれて初めての献本作業

編集担当より、20冊くらいは献本できるということで、これ!という方を選ばせて送らせていただく

記事を読む

渋谷のカフェで編集者との初顔合わせ

STORYS.JPの中の人との引きあわせで、宝島社の九内さんという方と渋谷でまずは会ってみることに。

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a