いざ!宝島社へ初稿を受け取りに

公開日: : 最終更新日:2014/07/21 出版/書評 ,

いよいよ執筆も終盤。Word形式で100ページくらい書いたもので構成いただき入稿。

初稿がでたというので半蔵門駅近くの宝島社で受け取りに。

2014-07-11宝島社

「おおーっ、本っぽくなってる!!」

2014-07-12初稿
じゃーん

編集者さん曰く「我が子のように可愛がって下さい」とのこと。なるほどなー。

しかもよく考えるともしかしてこれ「処女作!?」

あとは再校、念校(モノクロなので色校はない)。

表紙も平行で進めるも基本、お任せ。あとは帯になんて載せるか、とか。

いよいよだ・・・かなり加筆修正したのでそれが厳しかった・・・けど、おかげで256Pくらいの大作になりそう。

そしてSTORYS.JPのスタッフに、本初回ページを作ってもらうためのインタビューをまた渋谷で。

portrait1

宣材社員を撮影。といっても、普通に仕事帰りの人がとおるところでゲリラ撮影。こんなんでいいんだろうか(苦笑)

もし売れたらもっといいカメラマンにスタイリストつけて、取ってもらいたいもんだね。

a

関連記事

デジタルメディアプロデューサーになったらしい

出版するとこういうチャンスもある 「結果を出す人」は、エクセルをどう乗りこなしているのか? (

記事を読む

WORK SHIFT と 自分の本

会社の同僚で、彼こそグローバル人材と思えるU氏からいただいた一冊。 彼は、自腹で30万

記事を読む

本の要約サイト「flier(フライヤー)」に掲載いただきました

flierとは、元アクセンチュアの大賀さんが立ち上げたベンチャー「株式会社フライヤー」による

記事を読む

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意思は継続する話

本のご紹介

「社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話」 単行

記事を読む

HONZ

生まれて初めての献本作業

編集担当より、20冊くらいは献本できるということで、これ!という方を選ばせて送らせていただく

記事を読む

STORYS.JPの中の人(その2)清瀬さんと渋谷で熱く議論したらいつの間にか閉店だった

出版と直接関係があるわけではないのだが、今後のSTORYS.JPの方向性や戦略をヒアリングに仕事が終

記事を読む

本とネットの新しい出会い「ホンシェルジュ」~秋の夜長にはコレ!~

Kindleはじめ、どんどん電子書籍化が進むかとおもいきや、まだまだ強いリアルな紙の本。 そん

記事を読む

誰しも、本当は出版に対する憧れを持っている

「Publish」=〈書籍・雑誌などを〉出版する,発行する.〈…を〉発表する,公表する. 出版

記事を読む

中高生を応援するドラマバンクという活動

ドラマバンク[/caption] 会社の同僚が仕事外で活動していたのを知り、応援したくてそこ

記事を読む

書籍からパズドラへ誘導するという、きっと誰もやったことがないテスト成功(笑)

今回の書籍の中で、1つ実験したことがあった。 書籍を読まれた方はご存知と思うが、それは自分のパ

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a