生まれて初めての献本作業

公開日: : 最終更新日:2016/04/29 出版/書評 ,

kenpon

編集担当より、20冊くらいは献本できるということで、これ!という方を選ばせて送らせていただくことに。

#wikipediaがある人とそうでない人がいるんですねえ。自分のも誰か作ってくれるのかしら。。。自分で作るんだろうか。。

平松庚三さん
→STORYS.JPで執筆中より、大変お世話になりました。NSX、乗りたいです。

すがやみつる先生
→先生(の漫画)との出会いが無ければきっとこの本はでなかったでしょう。ずっとムーンサルト(り)だと思ってました。

堀江貴文さん
→もちろんこの方。10月生まれなので、5月からそれまでは自分と同い年。それだけ。いきなりオンラインサロンで400万円/月とか、時代がきてるな、と。

伊藤直也さん
→元はてな。本の中でも事件後のエンジニアセミナーでご協力いただいたり、ツイッターでもお世話になってます。寿司食べたいです。

森川亮さん
→直接の面識はありませんが、LINEについて意識せざるを得ない1冊ということで勝手ながら送らせていただきました。

小飼弾さん
→通称404のdanさん。エッジ時代は直接、在職期間はかぶらなかったのですが、書評といえばこの方と思い。自宅の本棚が半端ないですね。

山本一郎さん
→ライブドアに物申すでも一筆いただいた切り込み隊長のブログでもし取り上げていただければ嬉しく。いつまでmixiオチなのか気になります。

ちきりん
→いつもおちゃらけつつの辛辣な切り口にしびれる尊敬するアルファブロガー。有名になる前からチェックしてました。
今回の献本についてもいちかばちかtwitterで呼びかけたら、Amazonのギフト機能での献本受付をしてるとのことで、そういうところも、先進的。じゃーねー。

ちきりんwishlist

藤田晋さん
→気づけばサイバーエージェントのことを思ったよりもたくさん本に書いてしまってた(てへぺろ)CAさんにはもっと大きくなってもっと日本のITやベンチャーをかき乱して欲しいです。小さくまとまらずに。そして自分と年月日誕生日が一緒(無駄知識)

家入一真さん
→ベンチャー経営者もなんだか落ち着いた感じになってきている中、なにかやってくれるんじゃないかという期待の若手(?)として注目中。

夏野剛さん
→引き続き注目してます。自分もそろそろ大学名誉教授とかそういうポジションでいきたいです。

南場智子さん
→昔の社長ブログ時代が好きでした。南場さん以外にもスター社員がもっともっとDeNAから出てくるようになるといいなと思います。

荻上チキさん
→前職でたまたまつながったということと、社会派として注目してるということで一冊。

坪田信貴さん
→ビリギャルのすごさにあやかりたい、というのは嘘で、いつか、STORYS.JPから出版した著者同士で座談会とかやりたいですね。

湯川鶴章さん
→こちらもたまたま前職時代に一度ご挨拶させていただき、インターネットへの造詣の深さから1冊お送りしました。

■草野隆史
→まだブレインパッドを立ち上げられる前よりつながっており、今後も交流が増えそうということでお送りしました。

他にも、岡田斗司夫さんにも送りたかったのですが、送り方がわからず断念・・・。twitterやFacebookでアプローチしたものの。

また、HONZという書評サイトでも献本を受け付けてるということで1冊送ることに。
HONZ

ここからどれくらい拡がるもんか、wktk。

a

関連記事

STORYS.JPがきっかけで育つアイドルがいてもいいじゃないか

■このモデルの子のブログ 恋の軌跡とビリギャル。|【Ren Ishikawa】 :

記事を読む

社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意思は継続する話

本のご紹介

「社長が逮捕されて上場廃止になっても会社はつぶれず、意志は継続するという話」 単行

記事を読む

編集者との打ち合わせ@渋谷 #2

正式に出版に向けて動き出すことになったので、契約条件について打ち合わせをしに渋谷へ。 編集者と

記事を読む

storys.jp x benesse

STORYS.JPとの出会い

元々社内で持ち込まれた、とある1サイトとのコラボ案件がきっかけで、STORYS.JPというサ

記事を読む

キャリアコンパスに掲載いただきました

9回も転職すると取材してもらえるらしい どうも。 仕事は選ばない、えくしびです。 さて

記事を読む

とうとうAmazonで1円で自分の本が売られていたので、買ってみるテスト

届いた本は帯がなかったりもしたが、書き込みなど無く十分綺麗だった(笑) 買ったら、139円

記事を読む

渋谷のカフェで編集者との初顔合わせ

STORYS.JPの中の人との引きあわせで、宝島社の九内さんという方と渋谷でまずは会ってみることに。

記事を読む

ひたすら原稿を執筆なう

徐々に校了日が1ヶ月後に迫るという中、せっせと原稿を執筆し、Wordで50ページくらいは書けた。これ

記事を読む

デジタルメディアプロデューサーになったらしい

出版するとこういうチャンスもある 「結果を出す人」は、エクセルをどう乗りこなしているのか? (

記事を読む

山梨県甲府市立図書館に「社長が逮捕本」おいていただきました

私の地元、山梨県の市立図書館で借りられるように妹が申請してくれたとのこと。 なんか、ラ

記事を読む

a

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

a