X68000 メンテナンス日記(その31)2020.11.21 浮動小数点演算プロセッサ(68882)を海外輸入、ZOOMのRPG(Lagoon)ゲット

今回は、お買い物ネタが多めになりました。

(いつかの)X68030用激安68882

「今年はもうX68000は買わない!」ということで、来年はもしかしたら、新品の040turboレプリカ用にもう1台030いっちゃうかも、、、ですが。

たまたまAliExpressで192円という激安すぎるQFPの68882を見つけたので、動かなくてもネタとして美味しいと思い、ポチってみました。

果たして動作するのか??その前に動作テストのための030は調達されるのか?笑

注文から20日くらいで到着

製造年月日からこの頃はモトローラではなくなってらしいので、シルク書き換えのリマーク品とのこと。

でも、使えることは使えるのではないか、とのことなので、いつの日か動作テストしてみようと思います。

XVI-HD用68882

こちらはebayで。offerで気持ち値切って$26+free shipping。このあたりが底値でしょう、ということで。

同じ68882でもこちらは剣山タイプ(PGA)ですね。

大学生時代、XVI用に68881を、どこからかは忘れましたが入手して、ワクワクしてつけてfloat3.xにしたんですが、ほんの少ししかrend.xが速くならなかったほろ苦いメモリー。

なので、効果よりも今回はあくまでXVI-HDにつけられるものはすべてつけるという思想でこちらを調達(68881だともう少し安いのですが、RC20までしなかったので。今のところはクロックアップしない想定ですが)

こちらは到着に2週間~1ヶ月半かかるとのこと。

駿河屋は忘れた頃にやってくる

たまにはゲームネタも。

コレクション的に狙っていたLagoon。送料なしだともう十分底値だろうと思い、購入。GENOCIDEに続いて、ZOOMの2作目。

GENOCIDE2OVERTAKEは持ってるので、残るはGENOCIDEPHALANXでコンプリートは狙いたいところ。

パーフェクトカタログによるとX68030にも対応とのこと!

FDがいっぱい。付録のマップとか。青いマクセルのFDはユーザーディスクで、ラベルがついてくるとか、色々懐かしいです。

レッツ起動

磁性面のカビをチェックして「XF3」キーを押しながら起動!サウンドドライバーを読み込んで、ドライブ1のデータディスク1を読み込みに・・・

「ガコッ」

ありゃ、、、FDが吐き出された・・・フロッピーがだめなのか、ドライブがだめなのか・・・。ドライブは大丈夫のはずなんだけどなあ。。。

とりあえず、動作テストはここまでにて、今、直してる途中のXVIでいつか試してみましょうかね(いつの日やら)