VOLKSWAGENあざみ野にGOLFの試乗に行ったら納車待ちの限定モデル「Club Sport」が見れた

VWといえばGOLF GTI 一択かなと

久しぶりにクルマネタ。クルマネタがメインのblogということを忘れそうなので。

#前回は半年前のチョロQネタという体たらく・・・・

最近、足繁く通っているあざみ野ガーデンズの近くにフォルクスワーゲンのディーラーがあるのですが、これまでいろいろな輸入車の試乗にはいっていたものの、VWはまだだったので、いよいよ行ってみました。
vw1
受付で希望の車種を聞かれたので即座に「ゴルフのGTIは乗れますか?」と聞いたところ、予約していたわけでもないので流石にGTIはないですが、普通?のゴルフなら乗れます、ということで乗ってきました。

ちなみに、普通?のゴルフのお値段は公式サイトによると250万くらいからで

見積りシミュレーション < フォルクスワーゲン公式サイト :

vw2

この展示車はグレードがやや高いので、300万円くらいからみたい。

試乗させていただいたのも同じようなグレードのこちらTSI
vw3
1400ccのターボ

vw4

当然、この試乗車はATだったのだけど、最近出たGOLF Rや、GTIには、6速MTモデルが復活したとかで、マニュアル好きなオッサンにはたまりませんなあ。

1400ccでもかなりパワフルで、作りもシッカリしてる

普通に近所をぐるーっと回っただけでしたが、前方がクリアなところでベタ踏みもさせてもらって70km/hくらいまでは最初一瞬もたつくけど、すぐにパワーがモリモリして一気に加速する感じはすごい。
1600ccNAのシビックTYPERのような自然な加速ではないけど、ガッチリしたボディをぐいぐいひっぱる感じは、なんか技術の進化を感じる。

静粛性も当然高いし、ハンドルもドアも国産車より重くてしっかりしてるので、安心感が段違い。しかも内装とか装備もAudiと流石に似てるしチープ感はない。

まあ、その分お値段も決して安くはないけど、国産車だからといって安いわけでもないので、さすがカー・オブ・ザ・イヤーに選ばれるだけはあるなあ、と思った。

アイドリングストップとかは当たり前についてるし、前方にクルマが迫ったら5km/h以上だと自動ブレーキとか(試したかった苦笑)最新の設備も、自動運転こそないが、充実してる感じ。

国内では限定350台販売のGTI

営業マンの方に教えていただくまで知らなかったのだが、ちょうど40周年限定モデルのGOLF GTIの販売が最近はじまったという。

こちら
Golf GTI Clubsport Street Edition :
フォルクスワーゲン、高性能な限定モデル「ゴルフ GTI クラブスポーツ ストリート エディション」の日本導入を開始 – Autoblog 日本版 :

たまたま納車前のクルマを見られるというので見せていただくことに。
vw5

ドーン!しかもMT仕様!!!

10秒間だけ290psになるモードとかV-MAXかよ!胸熱モデルですなあ。

こんなのでワインディングロードとか転がしたら、ご機嫌ですなあ。元シビックTYPE-R乗りとしてはシンパシーを覚えた1日でした。

CIVIC TYPE Rも、コンスタントに新型を出してるんですが、ちょっとレーシー過ぎて普段乗りに使いにくそうなので、このClubsportくらいなら、ギリギリファミリー利用でもセーフなんじゃないかなあ、とかも、いい感じなのです。450万するけど、大切に乗ればスーパーカーみたく値崩れもしないようですね。

走って楽しいクルマは、大切に保護しないと!笑